花笠人形印

ヤマコン通信 令和4年7月号

山形では、ラ・フランスがピンポン玉ほどの大きさになりました。

 山形(東北南部)では6月15日に、平年より3日遅くて昨年より4日早く梅雨入りが発表されました。そして、29日に平年より25日、昨年より17日早く梅雨が明けました。(6月中の梅雨明けは初めてで、統計のある1951年以降最も早い記録となりました。)
 梅雨中は、梅雨入り直後の数日間に少し雨が降りましたが、27日に大雨警報が出るほどの降雨に見舞われた以外はほとんど雨が降りませんでした。

 今年のさくらんぼはほぼ平年並みの収量でした。今年は、収穫の時期に30℃を超える日もあって雨除けテントの中での作業は大変だったと思いますが、天候が良く品質も良かったようです。これからは、紅秀峰の収穫が主になってきます。
 今年は佐藤錦100年目の年です。その記念の年に、さくらんぼの新品種「やまがた紅王」がプレデビューしました。やまがた紅王には品質基準が設けられていて、25ミリ未満のものや、色が薄いものは紅王としての販売が認められません。スーパーで紅王としては小ぶりなものが、10粒で2000円で販売されていました。来年はもう少し手頃な価格での販売になればいいのですが…。

 梅雨明け後、全国的に暑い日が続いています。暑い日には、冷たく冷やした玉こんにゃくがお勧めです。ご来店お待ちしております。

山・五郎岳ある記
 蔵王中央高原に五郎岳(1413m)と三郎岳(1412m)と名の兄弟といわれている山があります。中央高原散策路は標高1,300m台に位置し、高山植物、昆虫類の宝庫といわれ、散策路はお子様連れでも気軽に楽しめるトレッキングコースとなっています。新緑、紅葉、霧氷など、一年を通じて様々な表情を見ることができます。
 中央ロープウェイ温泉駅から鳥兜駅に、鳥兜山(1,387m)展望台で晴れた日は飯豊連峰、朝日連峰、月山を眺め、運が良ければ鳥海山が望めることがあります。ここから中央高原のおすすめ・ドッコ沼・不動滝・トレッキングの3コースがあります。ドッコ沼、片貝沼、トニーザイラ顕彰碑、齋藤茂吉歌碑や蔵王中央高原幸せを呼ぶ3つの鐘などの中央高原散策路案内リーフレットが蔵王温泉観光協会案内所や蔵王中央ロープウェイ乗場にありました。
 四季折々の風景、植物、昆虫などのんびりと散策しながら楽しみましょう。五郎岳はトレッキングコースの(五郎岳登り口)から登山です。
 文 令和4年6月下旬 よしはる

 山形県の山に、「五郎岳」を追加いたしました。

 関西電力が蔵王山周辺の宮城県川崎町に風力発電施設の建設を計画しています。山形市蔵王温泉の住民向けの説明会も行われたそうですが、景観の問題で反対の意見が相次いだそうです。2020年には、羽黒山での風力発電建設計画が同じく景観の問題で反対意見が出て撤回されました。
 再生可能エネルギーもいい事ばかりではないようです。

 ヤマコン通信は、山形の情報やヤマコン食品のホームページの更新などを、月1回配信しているメールマガジンです。

 ご意見・ご要望がございましたらご連絡ください。
 購読をご希望の場合は、ヤマコン通信購読の申込みにてお申込みください。

 お知らせ頂いたメールアドレスは、ヤマコン通信の配信以外には使用いたしません。

過去の通信