花笠こんちゃん

ヤマコン通信 令和2年1月号

 山形では、高い山は雪化粧していますが市街にはまったく雪がありません。

 山形市では、雪がチラつく朝などはありますが積雪はまったくありません。
 12月の始めの寒波で県の北部では大雪となり、肘折では1mを超える積雪となって全国ニュースでも報道されました。しかし、現在は50cm程の雪が残っているだけで、ほとんどのところではすかっり雪が消えてしまいました。
 残念ながら、蔵王スキー場でも積雪が少なくて滑走不可のゲレンデのほうが多くなっています。また、樹氷の成長も芳しくなく、28日から予定されていた樹氷のライトアップも延期となってしまいました。

 日本一の芋煮会が開かれる会場の少し上流の芝生が張られている河川敷が何者かに掘り返されています。
 犯人は、餌のミミズを探している猪のようです。今年は山形県全ての地域で、熊の餌となるブナの実が凶作となっていて、熊についての注意が呼びかけられていました。しかし、熊の目撃情報はここ数年並みで特別多いというわけではなく少し安心していましたが、代わりに猪が悪さをしています。

山・頭殿山ある記
 頭殿山は白鷹町と朝日町に位置し白鷹町黒鴨の北西にありと紹介されています。大朝日岳と朝日連峰を眺めに登るのです。
 山形県の山、平成15年11月の頭殿山と平成19年6月12日(火)に大朝日岳残雪模様を撮りに登りました。白鷹町黒鴨集落から林道に入ると←頭殿山・標柱、しばらく行くと光明海上上人墳墓あり、そこから林道を慎重に車を進め登る、石碑の前を通り軽井沢キャンプ場を横目で過ぎると駐車場です。準備を整え、カラマツ林、鳥取場、山の神、ブナ林。急登尾根分岐(朝日鉱泉へ)、急登尾根、頭殿山(1203m)山頂。その日は山頂に祀られている祠の修復作業との事、打合せの所を失礼して大朝日岳(1870m)朝日連峰を撮影です。のんびりと過ごしていると祠の水平を測る姿があり、”撮影良いですか””良いよ”の返事、祠の修復作業姿を撮影させていただき休憩でした。
駐車場7時頃~ゆっくり行程2時間30分~山頂9時30分頃(休憩)~11時頃下山開始~駐車場12時30分頃
 晴時々曇  あれから12年の歳月が過ぎ・・・・再掲載 伝・光明海上人墳墓 湯殿山行者光明海上人が即身仏ミイラを志向してここに入定したのが嘉永七年(一八五四)である。その時の「百年の後掘ってみよ」の遺言をもとに・・・・・・遺骨は即身仏として復元され蔵高院に安置されている。と林道脇にある墳墓に説明案内あり
 白鷹町 蔵高院 で検索。山形県に(即身仏ミイラ)安置が数ヶ所あります。
令和元年12月下旬 文 よしはる

 今月は山形県の山に、「頭殿山」を追加いたしました。

 今年の漢字は「令」でした。様々な理由が挙げられていますが、新元号の令和が一番の理由と思います。令和には「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味がこめられているそうですが、残念ながらそうは思えない事件も多発しました。
 来年は、良い年になればと思います。

過去の通信に戻る