花笠こんちゃん

ヤマコン通信 令和2年4月号

 山形では、連翹、山茱萸、水仙や椿などの春の花が咲き始め、桜ももうすぐ咲きそうなほど蕾が膨らんでいます。

 今年の桜の開花予想日は4月2日になっています。2日に開花すれば、平成14年の4月3日を抜いて観測史上一番早い開花となります。
 ただし、新型コロナウイルスのために、毎年開催されていた霞城観桜会が中止になってしまいました。観桜会だけでなく、5月の植木市も中止になりましたし、5月30日、31日に開催予定だった東北絆まつりも延期か中止になる予定です。残念ですが、感染拡大防止のためには致し方ありません。

 果樹の剪定などの農作業が始まりました。今年は順調な天候で美味しい果物、米が実ることを願います。

 ヤマコン食品では玉こんにゃく10%引きの春の行楽フェアを開催中です。今年は、春の行楽などとは言っていられませんが、せめて「山形名物 玉こんにゃく」で、行楽気分を楽しんでいただければと思います。

山・湯殿山ある記
 出羽三山は湯殿山(湯殿山神社)、月山(月山神社)、羽黒山(羽黒山神社)の出羽三山参りで多くの参拝者が訪れることで知られています。湯殿山(湯殿山神社)は山麓に祀られており、湯殿山(1500m)への参道はありません。積雪時期に天候や積雪状態を確認しながらの登山になります。
 平成19年3月26日(月)13年前の記録から湯殿山です。二日前(3月24日)志津温泉より少し行く駐車場所で酒田の齋藤氏と準備中、西川山岳会の方々と出会ったのでした。あれっと思い”遠藤さん”と声を掛けると湯殿山に一緒に登ろうとの事、私達はカンジキなのでと遠慮したのでした。それでは写真を撮ろうと誘っていただき記念撮影となりました。西川山岳会の方々がスキーで登る姿を見送りながら、皮松谷地、カワクルミ沼周辺のカワクルミ(サワクルミ)大木やブナ大木と姥ヶ岳(1670m)など撮影を楽しんだのでした。その二日後(3月26日)天気良し、準備は整えたし、湯殿山の姿を思い浮かべながら、スキーを履いての登山でした。この日は晴天なのに山頂付近は風ガ強かったのでシールを外さず中腹まで慎重に下り、風の穏やかな場所でシールを外し下山したのでした。
平成19年3月24日(土) 同行者 齋藤政広氏(写真家)
故・遠藤博隆氏(平成29年12月13日)・朝日連峰竜門山避難小屋など山で出会うといつも親切にして頂き、ありがとうございました。
平成19年3月24日(土)曇・26日(月)晴 文 令和2年3月下旬 よしはる

 今月は山形県の山に、「湯殿山」を追加いたしました。

 パンデミックとか都市封鎖とか、これまでは映画や小説などで見聞きしてきた言葉が現実の世界で使われています。それでも、「それは都会での出来事で、山形は田舎だから…。」といった考えが頭の片隅にありましたが、山形県でもとうとう感染者が確認されました。気を引き締めなおさなければならないようです。

過去の通信に戻る