花笠こんちゃん

ヤマコン通信 令和3年10月号

 山形では、稲刈りが始まりました。

 稲刈りが始まりました。山形周辺は平年並みの出来栄えのようです。春先の遅霜でサクランボなどの果物に大きな被害がでたので、米の出来がまずまずで良かったです。
 ただ、米の概算金(生産者が出荷の際に受け取る仮払い金)が、大幅に下がってしまいました。全国トップブランドの「つや姫」は、あまり下がりませんでしたが、美味しいのに比較的価格が安くて外食産業で使われていた「はえぬき」が2割程の値下がりになってしまいました。概算金の減額は2年連続で「はえぬき」は、60kgで19年には12000円だったものが、今年は9500円ほどになるようです。農家の方々も、概算金の値下がりの覚悟はしていたものの減額の大きさにがっかりしています。

 紅葉シーズンになってきました。涼しくなって、玉こんにゃくが美味しい季節になりました。19都道府県に発令されていた緊急事態宣言が9月30日で解除になります。各地の観光地では首を長くして解除を待っていたと思います。それぞれの観光地で感染対策を行っています。ぜひ、山形を訪れて、山形の美味しいものもたくさん食べて、観光を楽しんでいただきたいと思います。

 10月30日まで、玉こんにゃく全品10%引きの「秋の行楽セール」を開催中です。ぜひ、ご来店ください。

山・大日岳ある記
 飯豊連峰の最高峰大日岳2128m(新潟県)の登山を、飯豊本山小屋泊り、翌日大日岳登頂の二泊三日で計画したのです。あるご夫妻と知り合いの方と4人で登る事になったのでした。
 天気予報と休日予定をみての山行きです。寝袋、食料、アルコール他、でかいザックでの装備、飯豊町大日杉小屋駐車場(5:20頃出発)~ザンゲ坂を慎重に登り~長之助清水~地蔵岳~御坪~切合小屋着休憩(11:50頃)~草履塚~姥権現~御秘所~飯豊山神社・本山小屋~飯豊山~御西小屋(16:50頃着)。本山小屋泊の予定が、仮設トイレ2基を覗き突然の変更で御西小屋へと登り、疲れたの一言。御西小屋に着き、ひと安心。数名の小屋泊の方と雑談しながら夕食を済ませ、寝袋に納まったのでした。
 翌朝、御西小屋から大日岳に登頂で喜び、二日目は切合小屋泊。17日(月)切合小屋朝5時頃起床、小屋前からの朝焼け、日の出の撮影を楽しむ、朝食を済ませ8:30頃出発~御坪~地蔵岳~滝切合~長之助清水~ザンゲ坂~大日杉小屋駐車場15:30頃着。
 撮影する余裕なしの登山で何事も無くの下山でした。(仮設トイレ騒動は懐かしい思い出)
平成19年9月15日(土)16(日)17日(月)晴・14年の時が経ち 撮影記録より
文 令和3年9月下旬 よしはる

今月は山形県の山に、「大日岳」を追加しました。

 ガソリン価格が、とても値上がりしています。今冬の灯油の価格も昨年より25%程の値上がりになりそうです。寒さの厳しい冬にならない事を願います。

過去の通信に戻る